格安SIMのメリット・デメリット記事一覧

毎月の携帯料金を抑えたい!!格安SIMの一番のメリットは、月額料金が安いということ。例えば、毎月の月額料金が7,000円程度だった場合、格安SIMにすることで月額2,000円程度になります。単純計算で、毎月6,000円も浮くことになりますし、年間で72,000円も浮くことになります。携帯電話を自由に使いたい!DoCoMo、au、softbankなど大手携帯キャリアの場合、契約に縛られることになりま...

スマホを長く使いたい大手キャリアの場合、「2年縛り」という、2年使用することを条件に、スマホを実質無料で手に入れることが出来ます。この2年が経過する前に解約してしまうことで、違約金が発生します。実質無料ですから、一見お得だなと感じてしまう人もいるようですが、月額料金が高く設定されています。また、スマホを新機種に変更せずとも高額の月額料金を支払わされているため、2年契約が終了すると、それを機会に新し...

なぜ格安SIMがいいのか格安スマホを新規契約しようと考えている人は、格安SIMに乗り換えるのがお勧めです。今の時代、大手携帯キャリアの新規契約を行って特をするメリットなど何もありません。もし、大手携帯キャリアを契約した場合、2年縛りなど違約金が高額になることもあるため、契約したら最後、1年間高いお金を支払う羽目になります。新規契約なら尚更格安SIMを新規契約はもちろん、それ以外の人であっても大手キ...

DoCoMoはデザリングが出来なくなる格安SIMは、毎月の利用料金が安いという大きな特長がありますが、一方で、スマホを購入しなければならないというデメリットも。もし、あなたがお使いのスマホがDoCoMoやauなら、契約時に新しくスマホを購入する必要がなく、格安SIMでの利用が可能ですが、格安SIMを使ってDoCoMoのスマホを利用する場合、デザリングが出来なくなるため、デザリングしたい人は、格安ス...

通話料が高いというデメリット大手キャリアの通話料は、電話をしても通話料が高額にならないよう、通話を沢山する人にピッタリのプランや、時間帯で同じキャリア同士の通話料なら無料などといった、通話料に配慮したプランがあります。しかし、格安SIMの場合は、そのようなプランが主流になっていません。格安SIMの通話料は「30秒20円」が一般的で、楽天の格安スマホの場合は30秒10円といったような価格設定ですが、...

通信速度が遅い格安SIMは、通信速度が遅いといったデメリットがあります。大手キャリアと比較して通信速度が遅いものの、利用する上でこれといった問題もなく、格安SIMであってもこれといって不自由さはないようです。しかし、格安SIMの場合は、平日の12時20分〜50分までの30分間は、通信速度が遅くなりますが、社会人や学生であれば、この時間帯が昼食休憩にあたるため、スマホを利用する人が多いと思いますが、...

格安SIMを単品で購入する格安スマホの月額料金は、大手キャリアよりも格段に安く利用することが出来ます。とはいえ、格安スマホを契約して利用するより、五字分でSIMフリーのスマホまたは白ロムを購入してから格安SIMを利用する方が、安く利用することが出来ます。格安スマホは、「スマホ+格安SIM」といったセット販売を行っていますが、この場合のスマホの価格は実は定価です。もし、格安SIMの利用を検討している...