格安スマホは使い物にならない?

格安SIMを単品で購入する

格安スマホの月額料金は、大手キャリアよりも格段に安く利用することが出来ます。
とはいえ、格安スマホを契約して利用するより、五字分でSIMフリーのスマホまたは白ロムを購入してから格安SIMを利用する方が、安く利用することが出来ます。

 

格安スマホは、「スマホ+格安SIM」といったセット販売を行っていますが、この場合のスマホの価格は実は定価です。
もし、格安SIMの利用を検討している場合は、Amazonや量販店といった場所でご自分で安くスマホや白ロムを購入してから、格安SIMのみを契約するといった方が、安くて3,000円程度、大きいと10,000円程度も初期費用を抑えることが出来ます。

楽天モバイルとNifMoは安い

楽天モバイル、NifMo(ニフモ)で取り扱っている格安スマホは、安いです。
というのも、このふたつはスマホを安く購入できるキャンペーンなどを頻繁に行っているほか、NifMoはキャッシュバック、機器セット割といったサービスも利用できるため、ご自身で購入するのに何を選べばいいか分からないという人や、出来るだけ初期費用を抑えたいという人には楽天モバイル・NifMoがお勧めです。

 

楽天モバイル、NifMo以外の格安スマホを購入する場合、定価もしくは定価よりも高くなることがあるため、このふたつ以外を利用する場合は、ご自身で購入するといいでしょう。

格安スマホ+格安SIMのセットが合うかどうか

格安スマホを購入する場合、「格安スマホ+格安SIM」といったセット販売が一般的です。

 

MVNO業界では、楽天モバイル、NifMo、DMM mobile、IIJmioなどが格安スマホを販売していますが、「格安スマホ」といっても現在発売されている全てのスマホを取り扱っているということでははなく、SIMフリーのスマホは10種類以上あるものの、これらのうち数機種だけ取り扱われている状態であるため、格安スマホと格安SIMを利用したい場合は、その会社で取り扱っている機種しか選択肢がありません。

 

あらかじめ、Amazonや量販店でご自身でスマホを購入してから格安SIMだけを購入するといった方法もありますが、中にはどのスマホを選べばいいか分からない人もいるでしょう。

 

特にこだわらない、普通に使えればいいといったライトユーザーであれば、格安スマホ+格安SIMのセットで十分といえます。

これといったプランがないことも

格安SIMは、確かに月額料金は安い・端末が安いのですが、機能が使えないといったケースも少なくありません。

 

格安スマホを選ぶ場合、月額料金をベースにどのプランを申込むかを決めると思いますが、月額料金を重視した場合、ライトユーザーならまだいいかもしれませんが、格安スマホをメインに利用する人にとっては、動きが鈍い、使い物にならないといった格安スマホに当たってしまうこともあります。

月額料金の安さに騙されない!

月額料金は、「端末分割代金+格安SIM月額料金」がセットになった価格です。
そのため、月額料金を基準にしてスマホを選んでしまうと、スマホの低スペックスマホに当たってしまう可能性があります。

 

月額料金が1,800円程度の場合、このスマホは通信速度が遅いと考えてもいいかもしれません。
格安SIMによって通信速度に違いがあるので、月額料金が安いとスマホが使い物にならないといたことがあるので、月額料金だけで決めてしまわないように十分に注意しましょう。